産み方に、じぶんらしさを。
松が丘助産院院長:宗祥子さん

【1】「身をもって体験した。それはもう真実と呼べる。」

東京だけれど、どこか懐かしさが残る、西武新宿線の新井薬師前駅。
この土地に「松が丘助産院」がある。
 
ちいさな駅のホームで、妊婦さんや子連れの人とすれ違うと、
「もしかして松が丘助産院に行ってきたのかな?」なんて思ってしまう。

“ちいさいこと”は、時に“よくないこと”としても語られてしまうが、
“ちいさいからこそ”魅力的にひかるモノ・ばしょ・ヒトもいる。

DSC_2796a松が丘助産院の外観

新井薬師前駅から松が丘助産院までは、ゆっくり歩いて10分ほど。
はじめて松が丘助産院を訪れたときの驚きは、今も忘れない。
「こんな“ふつうのところ”で赤ちゃん産めるの!?」と、思った。
 
特別なことはない。ふつうのお家。

受付に診察カードを渡し、順番まち。
数字で呼ばれ、診察室へ…ということはない。
 
チャイムを鳴らすと、
「あぁ!こんにちは〜。どうぞどうぞー。」
っと、迎え入れてくれる。
あまりの“ふつう”っぷりに、なぜだか戸惑ってしまうほど。
 
玄関でくつを脱ぎ、下駄箱へしまう。
「ここの玄関の扉を、いったい何人の人がドキドキしながらあけたのだろうか。」と、想いを馳せる。
 
どうぞどうぞーっと招かれた先、リビングで「いらっしゃい。」と声をかけてくれるのは、松が丘助産院院長の宗祥子さん。

DSC_2825a

松が丘助産院院長:宗 祥子さん

東京里帰りプロジェクトの代表もつとめる。中央大学の法学部を卒業し、
中野区の役所で勤務。第一子出産後、36歳のときに助産師を目指す。
東京医科歯科大学医学部保健衛生学科に入学。
在学中に助産師の勉強をしながら、第二子、第三子を出産。

母子保健研修センター助産師学校を卒業し、助産師の資格を取得。
病院と助産院での勤務を経て、1988年44歳のときに東京中野区に松が丘助産院を開業。

自然なお産を迎える身体づくり、母乳育児など、妊娠中から育児までを一貫したケア・サポートを行う。
東日本大震災直後には、「東京里帰りプロジェクト」を立ち上げ、代表を務める。

初めての出産のとき、共に呼吸を整えてくれた助産師さんの存在。

宗さんが初めて出産をしたのは、36歳のとき。周りの助産師さんたちが優しく接してくださったんだそう。

「とても丁寧に扱っていただいたこと、よく覚えているの。

おなかの張りを感じたその日の夜に突然、陣痛がきて、
とっても痛くて、どうしたらいいかわからなくなりました。
そのとき、助産婦さんがそばに寄り添い、共に呼吸を整えてくれたんです。
すごく、楽になったことを覚えてます。」

自分の力で赤ちゃんを産んだことで、世界が変わった。

DSC_5271

「赤ちゃんを産んだあとってすっごく興奮しているんです。

『私だけがこんなに幸せで、世の中の人に申し訳ない。』とさえ思いました(笑)

本当に嬉しくて、すごく幸せで・・・。充実感がありました。

『わたしは何かが欠けている。』と思っていたわけではないのですが、

でも赤ちゃんを産んで、なんだか私、とっても満たされたの。

まるで世界や宇宙と繋がるような、そんな感じがしました。」

「こんなに素晴らしいことって、他にはないな。」と、出産をしたときに宗さんは感じました。
それ以来、「赤ちゃんを自分の力で産む。」という体験を大事にしたいと考えています。

「私が初めてお産をしたとき、「自分の力で産む」ということを、助産師さんや医師は尊重し、サポートしてくださいました。
「ああ、なんて良い仕事なんだろう!私も助産師になりたい!」って、思いました。

初めて出産をしたあと、助産師を目指し、
子育てをしながら勉強をして助産師になります。

宗さん自身、その後も妊娠・出産を2度経験します。

文字にしてしまうとあっけなく読み取れてしまうのですが、とっても大変なことだろうと思うのです。
 
けれど、そこまでしてでも、「助産師」という職を目指した宗さん。
学校を卒業し、助産院での経験を積み、44歳のとき、松が丘助産院をご自身で開業します。
 
「自然なお産をサポートする」という使命のもと、仕事に就く宗さんに、色んな人たちが惹きつけられていきます。

DSC_2844a

(つづきます)
書いた人:西出博美

この記事を伝える!

スクリーンショット 2015-04-27 19.28.41
【2】“いいもの”をどんどん組織に取り入れるには。
松が丘助産院
【絵日記レポート!】松が丘助産院に、行ってきたよ!
523295_398155190238059_899867577_n (1)
【2】誰かの気配。
10815933_877786752256178_685113905_n
【1】毎日みているから気づくこと。
DSC_1734
【1】病院と助産院って、何が違うの?
1384285_577548448965398_2089147410_n
【1】私たちが「ぱぱままっぷ」を作った理由。